• TOP
  • 業務内容

業務内容

財務コンサルティング

ご契約までの流れ

ご契約までの流れ ご契約までの流れ
img-fluid
ご紹介・お問い合わせ
ご面談の上、弊社担当者が契約内容などを詳しくご説明致します。
業務内容をご理解頂きご検討頂きます。
現状把握(簡易診断の実施)
秘密保持契約を締結し、創業期からの決算書をお預かりさせて頂きます。
御社の業務の実態を弊社の観点で分析。検証。(要2週間ほど)
img-fluid
対 話
フィードバックとブレーンストーミングの機会を御社経営陣で共有して下さい。
目的確認
フェーズ合わせを行い、目的・ベクトルの確認を致します。
img-fluid
ご提案・ご選択
「新しい可能性の領域」の創造をお手伝いさせて頂きます。
お客様による目標設定のご決断が前提となります。
img-fluid
ご契約・導入
コンサルティング&オペレーティング

(以下、「C&O」と言う)契約書の締結。

導入後
img-fluid
新たな企業文化・新たな歴史の創造へ始動
経営診断によるC&Oプランの説明を受け、方策・手段・方法をご選択いただきます。
アクションプラン実行のためのタイムスケジュールをご確認いただきます。
御社或いは弊社担当者が目標達成に向け具体的に動きます。
P計画・D実践・C確認・A実行を通して体質改善を繰り返し実施します。
img-fluid
唯一無二の企業体の構築
成長性・収益性の高い企業を目指します。
社会貢献できる存在価値のある企業を目指します。
後継者育成・事業の承継と事業の拡大を進めます。

業務の流れ

課題・問題点の把握課題・問題点の把握 
―現状分析(経営診断)―

見える化

過去分析・現状把握により今までの自らの意思決定プロセスを知る
収益・費用構造の把握と理解
問題点の全体像把握(仮説→実証)
競合・市場動向の調査・概要の把握と理解

『外部環境』
 競合企業の分析・規模比較
 顧客の属性分析
 マクロデータ・市場トレンドの分析

財務分析による問題点・課題の抽出

『内部資源』
 業績管理・財務分析
 組織デザイン・人的資源の分析

課題・問題点の共有化課題・問題点の共有化 
―実態掌握・優先順位の確認―

見える化
価値前提・価値目標
(価値創造プロセス)

過去分析・現状把握により今までの自らの意思決定プロセスを知る
成り行き計画の策定
問題点の整理・分析

『現状認識』の確認
資金繰りを開示
危機意識・改革意識の醸成
問題意識の共有

改善シナリオのガイドライン作成

必要事項・課題・重要テーマの洗い出し
優先順位の確認

戦略・改善施策の立案戦略・改善施策の立案 
―中期事業計画の策定―

見える化
徹底する化
(拡大PDCA)

キャッシュフローを見据えた先読み経営・先行管理の実践を行う
課題の優先順位付け
重要テーマの選定
改善の方向性の立案
具体的施策の策定

プロジェクトチームの組成 (部門横断的組成・実行責任者・コミットメント)
ブレーンストーミング・KJ法による優先順位付け

改善実施効果の測定・整理

(定量・定性効果測定)

中期事業計画の策定
体制の整備と計画の達成体制の整備と計画の達成 
―中期事業計画の実行―

発揮させる化

予算実績管理の徹底を通じて情報を共有する
事業計画に基づく行動計画の立案
計画遂行に向けた組織体制の検討・整備
計画の実行と計画の進捗管理
定期的な進捗管理

(運営会議・予算会議)
PDCA実行体制の社内定着化
(計画→実行→検証→修正)

追加修正施策の立案

(組織的な改善活動の仕組み作り)

サービスの価格体系

サービス価格体系サービス価格体系 標準(消費税8%込みの表示)
相談業務 (2~3時間程度)
初回 32,400円(無料財務診断を受けられた方の初回相談料は無料です)
2回目以降 21,600円

※旅費交通費をいただく場合があります


コンサルティング&オペレーティング基本業務の3つのプラン
基本日額料金 86,400円~(交渉への同行・金融機関等への必要書類作成・各種セミナーの開催・その他)

※旅費交通費をいただく場合があります


資金調達業務

詳細は個別にご相談下さい。


コンサルティング&オペレーティング基本業務の3つのプランコンサルティング&オペレーティング基本業務の3つのプラン
こんな会社にお薦め
予算の設定や進捗管理を効果的にやりたい!!
社内ルールを整備したい!!  経理から提出されるデータが遅い!!
今の現状をとりあえず何とかしたい!!
社内に経営者のブレーキ役がほしい!! 社内に悪役も欲しい!! 一緒になってやって欲しい!!

(月額料金/3ヶ月・6ヶ月契約/1年契約)

※横にスクロールをすると全体を確認できます

プラン名 お得プラン 標準プラン 納得プラン
基本月額料金 64,800円 ※事業規模による ※事業規模による
コンサルティング
&オペレーション概要
常時はお会い致しません
(電話のみのご対応)
毎週1回(4時間)目処
経営会議・幹部会議への
参加・財務オペレーション
毎週2回(3~4時間)目処
経営会議・幹部会議・
営業会議への参加、
財務オペレーション
電話対応 有り 有り 有り
会計データチェック
&財務報告書
3ヶ月に1回 毎月 毎月
経理記帳代行
月次試算表作成
有り
(決算費用は別途)
無し 無し
その他 ご訪問してのミーティング
打合せ・資料作成を
する場合、スポット料金
にてご対応致します。
各種社内会議への参加
ブランチ・ランチMTG
金融機関への
提出資料の作成
各種社内会議への参加
ブランチ・ランチMTG
金融機関への提出資料の作成

※横にスクロールをすると全体を確認できます

※ 売上規模(年商) 従業員規模 C&O標準プラン C&O納得プラン
〜3億円 10人未満 108,000円 216,000円
〜5億円 15人未満 162,000円 270,000円
〜10億円 30人未満 216,000円 324,000円
10億円〜 30人以上 270,000円 432,000円

※旅費交通費をいただく場合があります


サービス価格体系 分野別 (消費税別の表示)
コンサルティング領域と費用

大半のコンサルタントやコンサルティング会社にはそれぞれの「氏素性」があります。
そのため、得意とする分野も個々に異なっています(下図)。

従来のコンサルタントの領域

従来のコンサルタントの領域 出展:ITR


分析/評価・計画/設計・開発/導入
コンサルティング&オペレーティング 料金表

※横にスクロールをすると全体を確認できます

課題 品質向上
原価低減
納期短縮
技術開発
商品企画・開発
業務効率化
業務改革
組織改革
人事制度改革
IT経営・経営改革
人と組織の活性化
期間 6~8ヶ月
(月1~2回)
6~8ヶ月
(月2回)
6~8ヶ月
(月2~3回)
6~8ヶ月
(月3~4回)
料金
(目安)
144~192万円
(24万円/月間)
156~208万円
(26万円/月間)
336~448万円
(56万円/月間)
360~480万円
(60万円/月間)
成功報酬型

詳細は別途ご相談ください。

効果的なコンサルタント契約締結に向けた心構え

経営コンサルタントの料金の決め方や相場、導入によって得られる成果、また、金額と仕事内容との関係等は、コンサルティングを受けようと考えておられる方にとっては、とても関心が深いことだと思います。
そこで、経営コンサルタントの料金に関して一般的な考察をご紹介致します。
尚、経営コンサルタントを例にし、記述致しますが、ISO等のような専門コンサルタントでも、
基本的な考え方は同じです。

一般的な料金の決め方
原則としては、「その経営コンサルタントが1日あたりにつき稼がねばならない金額=稼ぎたい金額」を基準とし、ご依頼の成果を出すための所要日数を乗じて算出されます。
資料作成費用や交通費宿泊費等その他経費については、別途加算されるのが標準です。
次に、「経営コンサルタントの1日あたりの金額はいくらが標準か?」ということが問題になります。
個人コンサルタントの場合は、1日につき5~20万円前後、平均すると1日10万円前後が今の相場です。コンサルティング会社の場合には、もっと高額になります。
1日10万円が高いか安いか?
「1日10万円だと、1ヶ月では200万円になる!」と言われる方がおられますが、そんなことはありえません。
毎日コンサルティングの現場に立つことは、精神的にも肉体的にもまず不可能です。
訪問の前後に調査検討する時間も必要ですし、営業や事務などの仕事もあります。
また、自分自身を磨く為には、常に新しい知識を学ぶ時間も必要になります。
実際に現場に出るのは、月間1/3~1/2程度が標準です。仮に15日現場に立つとしても月間150万円の収入です。そこから経費を差し引けば残るのは100万前後。
これを高いと感じるか安いと感じるかは意見が分れるところです。
社員と比較して考えてみることも一考です。例えば、年収600万円の社員さんがおられるとすると、会社負担の人件費や経費を2割として年間720万円。
仮に年間労働時間を2000時間とすると1時間につき3600円です。
経験や力量のある人材(つまりコンサルタント)を、必要な時に必要な時間だけ使おうというのですから、この時給よりも高額になるのは必然です。当然のことですが、料金だけで経営コンサルタント決めるのではなく、何を依頼するかをはっきりさせることが重要です。
対人的な関係としての相性もあります(これも重要)が、「依頼したい業務内容(必要重要事項)をこれくらいの料金でお願いしたい!!」と具体的に最初にはっきりと伝えることです。

このような考えで臨めば、良い経営コンサルタントにめぐり合う確率は高くなると思います。

講演事業

チームビルディング
DiSCプロファイル

リファーラルマーケティング事業

BNI大阪高槻河北東リージョン
pagetop

ログイン

メールアドレス

パスワード

Paradigm-Shift 利用規約

Paradigm-Shift 利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、第1編の基本ガイドラインおよびサービス固有の利用条件(第2編のプライバシーポリシーと個別サービスガイドライン)で構成されています。
なお、Paradigm-Shift IDを登録して頂く際には、基本ガイドラインにご同意頂き、サービス固有の利用条件につきましては、それぞれ、株式会社パラダイムシフトIDNet work's(以下「当社」と言います)のサービスのご利用の際にご同意頂くことになります。

<第1編>基本ガイドライン
①当社のサービスのご利用
本利用規約に同意頂くことによって、当社のサービスをご利用頂くことができます。
なお、無料で提供しているサービスにつきましては、本利用規約に同意頂く手続に代えて、実際にご利用頂くことで本利用規約<第1編>基本ガイドラインに同意頂いたもの認識させて頂きます。

②サービス内容の保証および変更
当社は提供するサービスの内容について、瑕疵(かし)やバグがないことは保証しておりません。また当社は、お客様にあらかじめ通知することなくサービスの内容や仕様を変更したり、提供を停止したり中止したりすることができるものとします。

③サービスの利用制限
当社は、サービスのご利用をParadigm-Shift ID(以下本章で「ID」といいます)を登録された方に限定したり、一定の年齢以上の方に限定したり、当社が定める本人確認などの手続を経て一定の要件を満たした会員のみに限定したりするなど、利用に際して条件を付すことができるものとします。
また、当社は反社会的勢力の構成員(過去に構成員であった方を含みます)およびその関係者の方や、サービスを悪用したり、第三者に迷惑をかけたりするような会員に対してはご利用をお断りしています。

④IDの登録情報
IDを登録していただく場合、(1)真実かつ正確な情報を登録して頂くこと、(2)登録内容が最新となるようお客様ご自身で適宜修正して頂くことが会員の義務となります。

⑤IDおよびパスワード等に関する会員の責任
会員を特定する所定の認証方法(IDとパスワードの組み合わせや携帯電話事業者から送信される携帯電話番号ごとに一意に付与される符号の、登録情報との一致確認による認証を含みますが、これらに限りません)によりログインされた場合には、当社は、当該会員ご自身によるご利用であると認識します。サービスの利用や商品の購入などによって料金や代金(当社のサービスのご利用にかかる代金、利用料、会費その他名目は問いません。また当社が第三者から回収を受託した会員の債務を含みます。以下「代金」といいます)が発生した場合には、当該会員に課金いたします。

⑥サービス利用にあたっての順守事項
当社のサービスの利用に際しては以下に定める行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます)を禁止いたします。
(1)日本国またはご利用の際にお客様が所在する国・地域の法令に違反する行為
(2)社会規範・公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または他人の迷惑となるようなものを、投稿、掲載、開示、提供または送信(以下これらを総称して「投稿など」といいます)したりする行為
(3)他の会員の使用するソフトウエア、ハードウエアなどの機能を破壊したり、妨害したりするようなプログラムなどの投稿などをする行為
(4)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
(5)当社のサービス、当社の配信する広告、または、当社のサイト上で提供されているサービス、広告を妨害する行為
(6)他の会員の個人情報や履歴情報および特性情報(第2編プライバシーポリシーにて定義されます)などを会員に無断で収集したり蓄積したりする行為
(7)サービスを、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為
(8)他の会員のIDを使用してサービスを利用する行為
(9)手段のいかんを問わず他人からIDやパスワードを入手したり、他人にIDやパスワードを開示したり提供したりする行為
(10)当社のサービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為

⑦当社のサービスなどの再利用の禁止
会員が、当社のサービスやそれらを構成するデータを、当該サービスの提供目的を超えて利用した場合、当社は、それらの行為を差し止める権利ならびにそれらの行為によって会員が得た利益相当額を請求する権利を有します。

⑧当社に対する補償
会員の行為が原因で生じたクレームなどに関連して当社に費用が発生した場合または当社が賠償金などの支払を行った場合、会員は当社が支払った費用や賠償金など(当社が支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。

⑨会員のデータおよびコンテンツの取扱い
会員が当社の管理するサーバーに保存しているデータについて、当社ではバックアップの義務を負わないものとし、会員ご自身においてバックアップを行って頂くものとします。
なお、当社のサービスの保守や改良などの必要が生じた場合には、当社は会員が当社の管理するサーバーに保存しているデータを、サービスの保守や改良などに必要な範囲で複製等することができるものとします。
また、電子掲示板など、不特定または多数の会員がアクセスできるサービスに対して会員が投稿などをしたコンテンツについては、会員または当該コンテンツの著作権者に著作権が帰属します。
当該コンテンツについて、会員は当社に対して、日本の国内外で無償かつ非独占的に利用(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、出版を含みます)する権利を期限の定めなく許諾(サブライセンス権を含みます)したもの認識します。
なお、会員は著作者人格権を行使しないものとします。

⑩広告掲載について
当社は、提供するサービスやソフトウエアに当社または当社に掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。

⑪投稿などの削除、サービスの利用停止、ID削除について
当社は、提供するサービスを適正に運営するために、以下の場合にはあらかじめ通知することなく、データやコンテンツを削除したり、サービスの全部または一部の利用をお断りしたり、お客様のIDを削除したりするといった措置を講じることができるものとします。
また、お客様が複数のIDを登録されている場合には、それらすべてのIDに対して措置がとられる場合があります。
(1)会員が本利用規約に定められている事項に違反した場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
(2)当社にお支払いいただく代金について支払の遅滞が生じた場合
(3)会員が破産もしくは民事再生の手続の申立てを受け、または会員自らがそれらの申立てを行うなど、会員の信用不安が発生したと当社が判断した場合
(4)IDが反社会的勢力またはその構成員や関係者によって登録または使用された場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
(5)会員が一定期間にわたってIDまたは特定のサービスを使用していない場合
(6)その他、会員との信頼関係が失われた場合など、当社とお客様との契約関係の維持が困難であると当社が判断した場合

⑫免責事項
当社の債務不履行責任は、当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。
なお、会員との本利用規約に基づく当社のサービスのご利用に関する契約が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、上記の免責は適用されないものとし、当社は、当社の故意・重過失に起因する場合を除き、通常生じうる損害の範囲内で、かつ、有料サービスにおいては代金額(継続的なサービスの場合は1か月分相当額)を上限として損害賠償責任を負うものとします。

⑬個別サービスガイドラインなどについて
特定の当社のサービスについては、基本ガイドラインのほかに、サービス固有の利用条件が設けられている場合があります。
本利用規約第1編に定める基本ガイドラインと本利用規約第2編に定めるプライバシーポリシーと個別サービスガイドラインを含むサービス固有の利用条件が異なっている場合には、特段の定めがない限り、当該サービスに関してはそのサービス固有の利用条件が基本ガイドラインに優先して適用されるものとします。

⑭利用規約の変更について
当社が必要と判断した場合には、会員にあらかじめ通知することなくいつでも本利用規約を変更することができるものとします。
ただし、利用頂いている会員に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。

⑮通知または連絡
会員が当社への連絡を希望される場合には、当社が設けた問い合わせページまたは当社が指定するメールアドレスあてのメールによって行って頂くものとします。
当社は、会員からのお問い合わせに対する回答を原則としてメールのみで行います。

⑯権利義務などの譲渡の禁止
会員は、本利用規約に基づくすべての契約について、その契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部を、当社の書面による事前の承諾なく第三者に譲渡することはできません。

⑰準拠法、裁判管轄
本利用規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。
また、当社のサービス(掲載内容や広告などを含む)、ソフトウエアに起因または関連して当社と会員との間で生じた紛争については大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

⑱利用規約の適用制限について
本利用規約の規定が会員との本利用規約に基づく契約に適用される関連法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該会員との契約には適用されないものとします。
ただし、この場合でも、本利用規約の他の規定の効力には影響しないものとします。

<第2編>プライバシーポリシーと個別サービスガイドライン
当社がプライバシーに関連する情報を取り扱う際の基本方針(プライバシーポリシー)は、以下のとおりです。
本プライバシーポリシーは、当社が取り扱う、個人としての会員を直接的または間接的に識別できるすべての情報(以下「パーソナルデータ」といいます)について適用されます。「パーソナルデータ」のうち、「個人情報」とは「個人情報の保護に関する法律」に定義されている「個人情報」を言います。

(パーソナルデータの取得)
当社は、以下の場合にパーソナルデータを取得させていただきます。
(1) 端末操作を通じて会員に入力頂く場合
(2) 会員から直接または書面等の媒体を通じて提供頂く場合
(3) 会員によるサービス、商品、広告、コンテンツ(以下これらをまとめて「サービス等」(*)といいます)の利用・閲覧に伴って自動的に送信される場合
(4) 上記の他、会員の同意を得た第三者から提供を受ける場合など、適法に取得する場合
* サービス等は、個人の会員向けのサービス、商品、広告、コンテンツに限りません。

(パーソナルデータの利用目的)
当社は、以下のことを行うためパーソナルデータを利用させていただきます。
(1) 会員に適したサービス等をご提供するため
(2) 会員からのお問い合わせに対応するため
(3) 商品やサービスの提供、代金請求等をするため
(4) 会員にサービス等に関するお知らせをするため
(5) サービス等を安全にご提供するため。これには、利用規約に違反している会員を発見して当該会員に通知をしたり、サービス等を悪用した詐欺や不正アクセスなどの不正行為を調査・検出・予防したり、これらに対応することが含まれます
(6) サービス等の改善および新たなサービス等を検討するため
(7) サービス等のご利用状況等を調査、分析するため
上記にかかわらず、当社が第三者からパーソナルデータの提供を受ける際に、当該パーソナルデータの利用目的について別途定めがある場合は、その定めに従い当該パーソナルデータを利用します。

(個人情報の提供の同意)
法令で認められた場合のほか、会員の同意を頂いた場合は、当社はパートナー(**)等の第三者(外国にある第三者を含みます。以下同じ)に対して個人情報を提供させて頂きます。ただし、以下の場合においては、氏名や住所など直接特定の個人を識別することができる情報を除外した上で、当社は第三者に対して、必要な範囲で個人情報を提供させて頂きます。
(1) サービス等の提供に必要な場合
(2) サービス等の品質向上のために必要な場合
(3) 新たなサービス等の検討のために必要な場合
(4) 調査・研究・分析のために研究機関に提供する場合
また、個別のサービス等において別途の条件でご契約いただいている場合には、その契約条件が優先して適用されます。
** パートナーとは、当社の協力関係会社(***)ならびに当社の情報提供元および広告主、広告配信先その他の提携先を言います。
*** 協力関係会社とは、JBNインターナショナル株式会社及びHRD株式会社を言います。

(セキュリティについて)
当社は、本プライバシーポリシーに従って、パーソナルデータを適切に取り扱います。
パーソナルデータを適切に取り扱うため、社内規程および組織を整備し、パーソナルデータを処理する情報システムの安全を確保します。 
当社が個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合は、当社が定める委託先選定基準を満たす者に委託し、委託先と契約を締結して委託先による業務を適切に管理しています。また、当社は、当社が定める基準を満たす安全管理措置を講じている第三者にのみ個人情報を提供します。

当社が個別サービスに関連する情報を取り扱う際の基本方針(ガイドライン)は、以下のとおりです。
本ガイドラインは、当社が取り扱う、個人としての会員を直接的または間接的に識別できるすべての情報(以下「パーソナルデータ」といいます)について適用されます。「パーソナルデータ」のうち、「個人情報」とは「個人情報の保護に関する法律」に定義されている「個人情報」を言います。

(コミュニティーサービスに関する規則)
当社のコミュニティーサービスとは、会員ご自身によるコンテンツの投稿などができる機能や、会員同士で交流できる機能を有するサービス全般を言います。
(1)コミュニティーサービスに投稿などをされたコンテンツの取扱い
会員がコミュニティーサービスに投稿などをされたコンテンツの取扱いは原則として第1章総則の定めに従いますが、複数のお客様の手によって記述、修正、削除などがなされてひとつの情報が形成されていく機能を提供しているサービスにおいては、会員が投稿などをされたコンテンツをほかの会員が自由に改変そのほかの利用を行うことを承認し、著作権、著作者人格権そのほかの権利を行使しないことを会員にお約束頂いたもの認識します。
(2)コンテンツの公開制限機能
コミュニティーサービスの中には会員が投稿などをしたコンテンツの公開対象を限定する機能を提供しているものもありますが、当社は本利用規約の順守状況などを確認する目的で必要に応じてそのコンテンツの内容を確認させて頂くことがあります。
また、当該機能の運用には万全を期しておりますが、運用上の事情により、やむを得ず当該コンテンツが公開対象範囲外の方に公開されてしまう可能性がありますので、あらかじめそのことに同意のうえで、当該機能をご利用頂くものとします。
(3)メッセージ機能とその閲覧および削除権
コミュニティーサービスにおけるメッセージ送受信機能は、当社の提供する電子掲示板の仕組みを通じて提供されます。
当該電子掲示板は、メッセージの送信者と受信者および当社の三者のみが閲覧できるようになっています。
当社は必要に応じてその内容を閲覧し、本利用規約に照らして削除することがあります。
(4)話合いの手続について
コミュニティーサービス上のコンテンツについて苦情などが寄せられ、苦情の申告をされた方と当該申告の対象となったコンテンツの投稿などをした会員との間での話合いによる解決が適切であると当社が判断した場合には、当社は、当社が定める手順に従って話合いの手続を求めることができるものとします。

ー2018年3月30日制定ー